【原文】
鍼灸甲乙経 巻一

   五藏六府陰陽表裏第三
肺合大腸。大腸者、傳道之府。心合小腸。小腸者、受盛之府。肝合膽。膽者、清淨之府。脾合胃。胃者、五穀之府。腎合膀胱。膀胱者、津液之府。少陰屬腎、上連肺。故將兩藏。三焦者、中瀆之府。水道出焉。屬膀胱。是孤之府。此レ府之所合者也。

【和訓】
肺は大腸に合す。大腸は、伝道の府なり。心は小腸に合す。小腸は、受盛の府なり。肝は胆に合す。胆は、清浄の府なり。脾は胃に合す。胃は、五穀の府なり。腎は膀胱に合す。膀胱は、津液の府なり。少陰は腎に属し、上は肺に連なる。故(もと)よりに両蔵を将(ひき)いる。三焦は、中瀆の府なり。水道焉(ここ)に出づ。膀胱に属す。是れ孤の府なり。此れ府の合する所の者なり。

【意訳】
肺は大腸に合しています。大腸は、小腸が消化したものを伝える器官です。心は小腸に合しています。小腸は、胃からきたものを受ける受盛の器官です。肝は胆に合しています。胆は、胃や大小腸などと違い、穢れた消化物ではなく、精汁を受け取る清浄な器官です。脾は胃に合しています。胃は、五穀を消化する器官です。腎は膀胱に合しています。膀胱は、小便を貯める器官です。足の少陰経は腎に属し、上部では肺に連なっています。腎は、元来膀胱と三焦の二つの臓器を統率しています。三焦は、水を流す下水溝のような器官です。水道は三焦に出て、膀胱に連なっています。三焦は対応する蔵府が無い孤独な器官です。以上が六府と五蔵の対応関係得です。

江藤です。
荻窪で鍼灸治療を行う傍ら、時間を見つけては鍼灸古典の意訳を
ライフワークの一環としてかなり長いこと続けております。
まとめて読みたい方はこちらよりどうぞ。
>>鍼灸古典