江藤です。
前回の続きです。同じ文章も含まれてますがご了承ください。

【原文】
鍼灸甲乙経 巻一

五藏六府陰陽表裏第三
肺合大腸。大腸者、傳道之府。心合小腸。小腸者、受盛之府。肝合膽。膽者、清淨之府。脾合胃。胃者、五穀之府。腎合膀胱。膀胱者、津液之府。少陰屬腎、上連肺。故將兩藏。三焦者、中?之府。水道出焉。屬膀胱。是孤之府。此レ府之所合者也。

【和訓】
肺は大腸に合す。大腸は、伝道の府なり。心は小腸に合す。小腸は、受盛の府なり。肝は胆に合す。胆は、清浄の府なり。脾は胃に合す。胃は、五穀の府なり。腎は膀胱に合す。膀胱は、津液の府なり。少陰は腎に属し、上は肺に連なる。故(もと)よりに両蔵を将(ひき)いる。三焦は、中?の府なり。水道焉(ここ)に出づ。膀胱に属す。是れ孤の府なり。此れ府の合する所の者なり。

【意訳】
肺は大腸に合している。大腸は、小腸が消化したものを伝える器官である。心は小腸に合している。小腸は、胃からきたものを受ける受盛の器官である。肝は胆に合している。胆は、胃や大小腸などと違い、穢れた消化物ではなく、精汁を受け取る清浄な器官である。脾は胃に合している。胃は、五穀を消化する器官である。腎は膀胱に合している。膀胱は、小便を貯める器官である。足の少陰経は腎に属し、上部では肺に連なっている。腎は、元来膀胱と三焦の二つの臓器を統率している。三焦は、水を流す下水溝のような器官である。水道は三焦に出て、膀胱に連なっている。三焦は対応する蔵府が無い孤独な器官である。以上が六府と五蔵の対応関係である。

 

【原文】
『素問』曰:夫腦、髓、骨、脉、膽、女子胞、此六者、地氣之所生也。皆藏於陰、象於地。故藏而不瀉。名曰奇恒之府。胃、大腸、小腸、三焦、膀胱、此五者、天氣之所生也。其氣象天。故瀉而不藏。此受五藏濁氣。名曰傳化之府。此不能久留、輸瀉者也。魄門亦爲五藏使、水穀不得久藏。
『素問』に曰く:夫れ脳、髄、骨、脈、胆、女子胞、此の六者は、地気の生ずる所なり。皆陰を蔵し、地に象る。故に蔵して瀉さず。名づけて奇恒の府と曰う。胃、大腸、小腸、三焦、膀胱、此の五者は、天気の生ずる所なり。其の気は天に象る。故に瀉して蔵さず。此れ五蔵の濁気を受く。名づけて伝化の府と曰う。此れ久しく留まること能わずして、輸瀉する者なればなり。魄門も亦五蔵の使と為す。水穀をして久しく蔵するを得しめざるなり。

【意訳】
『素問』五蔵別論篇第十一に以下のように曰う:そもそも脳、髄、骨、脈、胆、女子の子宮の六者は、地気に因って生ずるもので、皆陰気を蔵しており、大地の働きに似ている。故に大地が万物を蔵するように、蔵して出すことがない。そこで通常の府と異なるので、名づけて「奇恒の府」と曰う。通常の府である胃、大腸、小腸、三焦、膀胱の五者は、天気に因って生ずるもので、その気は天空が絶えず変化していく働きに似ている。故に出して蔵めないものであり、これらは五蔵の濁気を受納するので、名づけて「伝化の府」と曰う。これらは長く留めておくことができず、一定の時間内に精華を五蔵に輸送し、糟粕を排泄する働きがあるからだ。肛門もまた五蔵の為に排泄の役割をし、水穀の糟粕を長い間体内に留まらないようにしている。

 

【原文】
五藏者、藏精神而不瀉。故滿而不能實。六府者、傳化物而不藏。故實而不能滿。水穀入口、則胃實而腸虚、食下則腸實而胃虚。故實而不滿、滿而不實也。

【和訓】
五蔵は精神を蔵して瀉さず。故に満つるも実すること能わず。六府は、物を伝化して蔵さず。故に実して満つること能わず。水穀口より入るときは、則ち胃実して腸虚し、食下るときは、則ち腸実して胃虚す。故に実して満たず、満ちて実せざるなり。

【意訳】
五蔵は精気を貯蔵して出さない。故に精神という気は満ちても、腸胃のように水穀という物で実することはない。これに対して六府は、物を伝送し消化いるが、貯蔵することはない。故に六府は水穀で充実しているが、精気は充満しない。これは水穀が口から入ると、胃は実するが腸は虚しており、食物が下ると、腸は実して胃は虚すことに因る。故に六府は充実して充満せず、五蔵は充満して充実せずという。

 

【原文】
氣口何以獨爲五藏主?胃者、水穀之海、六府之大源也(稱六府雖少錯、于理相發爲佳〈皇甫謐の文〉)。肝膽爲合、故足厥陰與少陽爲表裏。脾胃爲合、故足太陰與陽明爲表裏。腎膀胱爲合、故足少陰與太陽爲表裏。心與小腸爲合、故手少陰與太陽爲表裏。肺大腸爲合、故手太陰與陽明爲表裏。

【和訓】
気口何を以て独り五蔵の主と為すや?胃は、水穀の海、六府の大源なり(六府と称するは少しく錯(たが)うと雖も、理に於いて相発し、佳しと為す〈皇甫謐の文〉)。肝は胆と合を為す。故に足の厥陰と少陽と表裏を為す。脾は胃と合を為す。故に足の太陰と陽明と表裏を為す。腎は膀胱と合を為す。故に足の少陰と太陽と表裏を為す。心は小腸と合を為す。故に手の少陰と太陽と表裏を為す。肺は大腸と合を為す。故に手の太陰と陽明と表裏をなす。

【意訳】
何故気口の脈診をするだけで、五蔵の診断ができるのだろうか? 胃は水穀の海であり、六府の源泉である(ここで六府というのは少々違うと思うが、理論的に間違いではないので、佳しとする〈皇甫謐の文〉)。肝は胆と合しており、故に足の厥陰と少陽とは表裏を為す。脾は胃と合しており、故に足の太陰と陽明とは表裏を為す。腎は膀胱と合しており、故に足の少陰と太陽とは表裏を為す。心は小腸と合しており、故に手の少陰と太陽とは表裏を為す。肺は大腸と合しており、故に手の太陰と陽明とは表裏をなす。

 

【原文】
五藏者、肺爲之蓋。巨肩陷咽喉見于外。心爲之主、缺盆爲之道。伊(音滑)骨有餘、以候内???(音曷于)。肝爲之主將、使之候外。欲知堅固、視目大小。脾主爲胃(『九虚』、『太素』作衞)、使之迎糧。視唇舌好惡、以知吉凶。腎者主爲外、使之遠聽。視耳好惡、以知其性。

【和訓】
五藏なる者は、肺は之れが蓋と為す。巨肩陷咽もて外を喉い見る。心は之れが主と為し、欠盆は之れが道と為す。伊(音は滑)骨余り有り、以て内を???(音曷于)に候う。肝は之れが将を主るものと為し、之れをして外を候わ使む。堅固を知らんと欲せば、目の大小を視よ。脾は胃(『九虚』、『太素』は「衛」に作る)と為ることを主り、之れをして糧を迎え使む。唇舌の好悪を視、以て吉凶を知る。腎は外と為ることを主り、之れをして遠く聴か使む。耳の好悪を視、以て其の性を知る。

【意訳】
五藏では、肺が最も高い位置にあるので、「蓋」とされる。肩の骨の張り具合と咽喉の窪み具合という外喉から、肺の形状や善し悪しが判断できる。心は五蔵の主宰であり、欠盆は主宰の命を伝える道である。胸骨(伊骨)下端に剣状突起という余りがあり、その外喉から、内部の心の形状や善し悪しが判断できる。肝は将軍のように決断を主るものであり、また外からの侮りを伺う働きをする。肝が堅固か否かは、その外喉である目の大小を視れば分かる。脾は胃(『霊枢』と『太素』は「衛」に作る)の働きを主り、飲食物を迎え入れる。唇と舌の外形の善し悪し視て、内部の脾の形状や善し悪しが判断できる。腎は骨格という外形全体を主り、また腎気は耳に通じているので聴覚を主る。耳の外形の善し悪しから、その性情を知ることができる。

 

【原文】
六府者、胃爲之海。廣骸、大頸、張胸、五穀乃容。鼻隧以長、以候大腸。唇厚人中長、以候小腸。目下裹大、其膽乃横。鼻孔在外、膀胱漏泄。鼻柱中央起、三焦乃約。此所以候六府也。上下三等、藏安且良矣。

【和訓】
六府は、胃、之れが海為り。広骸、大頸、張胸なるは、五穀乃ち容る。鼻隧以て長きは、以て大腸を候す。唇厚く人中長きは、以て小腸を候す。目下の裹大なるは、其の胆乃ち横す。鼻孔外に在るは、膀胱漏泄す。鼻柱の中央起くるは、三焦乃ち約す。此れ六府を候する所以なり。上下三つながら等しきは、蔵安んじて且つ良し。

【意訳】
六府では、胃は水穀の海である。骨格が逞しく、首が太く、胸郭が広い人は、五穀を沢山容れることができる。鼻孔の長短で、大腸の状況が推察できる。唇の厚さと人中の長さで小腸の状況が推察できる。目の下の袋状の弛みが大きい人は、胆嚢の働きが強い。鼻の穴が外に広がっている人は、尿漏れが起きやすい。鼻柱の中央が出っ張っているかぎ鼻は、三焦の流通が悪い。以上が外形から六府の状況を推察する方法である。顔の天地人(髪際から印堂〈鼻の付け根〉までと、印堂から鼻先までと、人中〈鼻の下〉から地閣〈顎の先端〉まで)が釣り合っていれば、体内の蔵府も健康だと云えるのである。

 

今回はここまで


荻窪で鍼灸治療を行う傍ら、時間を見つけては鍼灸古典の意訳を
ライフワークの一環としてかなり長いこと続けております。
まとめて読みたい方はこちらよりどうぞ。
>>鍼灸古典